• 現在の展覧会
  • 今後の展覧会
  • 過去の展覧会
    • 2010年代
    • 2000年代
    • 1990年代
    • 1980年代
    • 1970年代
2019年度

日本・オーストリア外交樹立150周年記念
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

2019年8月27日(火)―12月8日(日)


世紀末ウィーン、伝統と革新とが交差する時代の、東西ヨーロッパを中継する地域。不安と葛藤、軋轢うずまくその都市では、特異な文化が花開きました。その道行きを、ウィーン・ミュージアムの所蔵品を中心とする約330点の作品で振り返ります。

グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》1902年 ウィーン・ミュージアム蔵
© Wien Museum / Foto Peter Kainz

コレクション特集展示 ジャコメッティと Ⅱ

2019年8月27日(火)―12月8日(日)


「ジャコメッティと Ⅰ」に続き、ジャコメッティ《ヤナイハラ Ⅰ》(1960-61年)の収蔵を記念した展覧会です。20世紀終盤から今日までの新しい表現の中に《ヤナイハラ Ⅰ》を再配置し、多面的なコレクションの魅力を引き出します。

アルベルト・ジャコメッティ
《ヤナイハラ Ⅰ》1960-61年
国立国際美術館蔵 撮影:福永一夫

インポッシブル・アーキテクチャー

2020年1月7日(火)―3月15日(日)


政治的な思惑や技術的な理由で実現に至らなかった、または実現を目指さなかった20世紀以降の挑発的とも言える建築プロジェクトを、図面や模型、写真、CGを通じてご紹介します。国内外の傑出した建築家たちによる、もう1つの建築史をご覧いただきます。

マーク・フォスター・ゲージ《グッゲンハイム・ヘルシンキ美術館》コンピューター・グラフィックス 2014年
Image courtesy of Mark Foster Gage Architects

コレクション展

2020年1月7日(火)―3月15日(日)


当館では、主に1945年以降の国内外の現代美術作品を中心に収集を行っています。近年収蔵された作品を中心とした当館のコレクションをご紹介します。

  • 所蔵図書資料について
  • 友の会
  • キャンパスメンバーズ
  • 学校でのご利用
  • こどもびじゅつあー
  • 出版物
  • ミュージアムショップ
  • レストラン
  • プレスの方へ
  • 寄附のご案内
  • SNS・メールニュース